広西の少数民族の村で「閙魚祭」

2022-01-13 05:30:28 59

 旧暦の6月2日にあたる9日、広西壮(チワン)族自治区融水苗族自治県白雲郷保江村では年に一度の「閙魚祭」が行われた。現地の苗族、�迂族、瑶族などの少数民族は老若男女を問わず村の側の川辺に集まり、河の中で水遊びや魚を捕まえることを楽しんだ。「閙魚祭」は現地の少数民族の伝統的な祝日で、豊作を祈る意味がある。写真は9日、川で魚を捕まえる村人。中国新聞網が伝えた。

 「人民網日本語版」